工法・耐震

0538-86-3351 受付時間9:00-18:00

STUDIO H@PPY'S

CONSTRUCTION METHOD

べた基礎とは、建物を支える下部構造で、建物の底部のコンクリートが隙間なく連続し、一枚の板状になっている基礎のことです。
地盤への接地面積が大きく地震や台風の力を分散して受け止めることのできる安定した基礎です。
基礎幅は150mmと、鉄筋のかぶり厚にも余裕を持たせた寸法です。

在来軸組工法

柱と梁を組んで軸組を構成し、そこに壁や床を取り付けていく工法です。住宅にもっとも多く採用されています。
以前は職人の腕による偏りが心配されましたが、現在では材のプレカットなど腕の良し悪しが問われる要素が少なくなってきています。
日本古来の伝統工法を簡略化・発展させた工法で、接合部に金物を用います。
壁や床をパネル化する工法もあり、多様化しています。

在来軸組工法

柱と梁を組んで軸組を構成し、そこに壁や床を取り付けていく工法です。住宅にもっとも多く採用されています。
以前は職人の腕による偏りが心配されましたが、現在では材のプレカットなど腕の良し悪しが問われる要素が少なくなってきています。
日本古来の伝統工法を簡略化・発展させた工法で、接合部に金物を用います。
壁や床をパネル化する工法もあり、多様化しています。

ページ上部へ

お問い合わせメールフォーム